カードローンからお金を借りる

ここが違うカードローンとフリーローンの差

同じような意味で使っているけれど、実は全然別なものを指す言葉というものがあります。 その中の一つが、カードローンとフリーローンです。 どちらも、使い道を決めることなく利用することができるローンという意味で使っていることが多いのではないでしょうか。 ですが、それぞれのローンに特有のメリットとデメリットが存在します。 利用する前にそれぞれの特徴を知っておきましょう。 カードローンというのは、一度カードを作っておけば、限度額内であれば何度でも利用することができる極度型ローンです。 融資を申し込んで審査にパスをすると、ユーザーごとに限度額が決定され、カードが発行されます。 決められた限度額内であれば、何度でも自由にキャッシングをすることが出来るので、緊急用に1枚持っておくと便利でしょう。 では、フリーローンはどうでしょう。 こちらも、使い道を決めることなく利用できるローンです。 融資が決まったんなら、限度額一杯に一括で融資されます。 そして、毎月決まった金額を返済するのが普通です。 返済して限度額より少なくなったとしても、新たに融資を受けるには改めて審査が必要になります。 限度額内なら利用できるカードローンとはこの点が違うのです。 同じようにローンと付くため、同じもののように考えられがちですがこのような違いがあります。 なかには両者を混同してしまっている方もいますが、それぞれ違うものだということを覚えておいてください。