約束した日までに返済ができないと延滞損害金が発生する

キャッシングなどを行ってお金を借りる時には、返済期日というものが必ずあります。
それは毎月何日と約束を行うのですが、その期日以内に返済ができないと延滞損害金というものが発生してしまいます。
普通に約束の日までにお金を返しても、通常は利子がついているものです。
しかし、そこにさらに上乗せとなって利子がついてしまう事になります。
期日が守られなかった場合には、債務不履行と言う事にもなってしまいますので、うっかりその期日を忘れないように返済を行う必要があります。
延滞損害金が発生する場合には、そのプラスして払わなければいけない利息の計算の仕方が決まっています法律としては制限利率の1.46倍までとしていてこれを超えると、その超えた部分は無効なるようになっています。
借金の額にもよってきますが、だいたい21.9%から29.2%の利息に跳ね上がります。
1日でも約束をした期日が守れないとこの利息が適用となりますので、できれば返済期日よりも前に返済できるようにする事が大切です。
まだ期日を忘れて延滞損害金が発生するようであれば返済できる能力があるので良いのですが、万が一返すお金もなく何か月も返済が滞りそうな時には、そのまま黙っていてはいけません。
どんどんと日にちが経つ事に遅延金が発生していきますし、返済の催促も来るようになります。
どうしようもない状況になってしまっている場合には、まずは専門家に相談をしましょう。